関節痛と深い関わりのある軟骨の材料になるコラーゲン

コラーゲンは肌の潤いを保ってくれます。肌にいい働きをするだけでなく、関節では軟骨を作り、弾力を与える効果もあります。

関節のために必要なコラーゲン

コラーゲンは肌の潤いを守ってくれたり、関節を動きやすくするために大切な働きをしています。関節の骨と骨の間にある関節油が関節の動きをスムーズにしてくれるのです。関節内には関節軟骨と呼ばれる、クッションのような役目を果たすものもあります。これは、コラーゲンがたくさんの水分を含むことで出来ています。

関節軟骨がすり減ると、動かす時に、関節が痛むようになってしまいます。関節のスムーズな動きを守るためにもコラーゲンを摂取するのは大切です。コラーゲンサプリには、動物や魚の軟骨成分が含まれているものが多くあります。このことからも、コラーゲンと軟骨は深い関わりがあることが分かるのです。

関節に役立つコラーゲンを、摂取しやすい食事方法

関節の働きを改善するには、コラーゲンから出来ている食材を食べるのが1番早いです。イメージしやすいのが、豚や鳥の軟骨でしょう。しかし、毎日食べるのが難しいというのが難点です。軟骨にはほとんど味がないため、食べる時はスパイスや塩で味をつけなくては食べにくいのが残念なところです。そのため、軟骨を食べるときは、塩分や脂肪分を摂り過ぎてしまわないように気をつけましょう。

コラーゲンサプリを使うと、軟骨を食べるよりも塩分や脂肪分を摂りすぎることが減り、栄養バランスを整えやすくなります。ビタミンなどの取りやすい栄養素は食事で取り、コラーゲンはサプリで取るようにすると、栄養管理もしやすくなるのでオススメです。

まとめ

関節の軟骨は、コラーゲンから出来ています。コラーゲンが減ると関節がスムーズに動きにくくなったり、痛みや炎症の原因になります。関節のためにもコラーゲンを摂ることは大切ですが、食事で取るのは飽きてしまったり、塩分や脂肪分を摂り過ぎてしまいがちです。食事で摂ろうとするよりもコラーゲンサプリに頼る方が、手軽で栄養のバランスも整えやすいでしょう。

厚労省「コラーゲン」(外部サイト)

常磐薬品「コラーゲンドリンク連用による美容への有効性を実証しました」(外部サイト)