動物性コラーゲンと海洋性(マリン)コラーゲンのちがい

コラーゲンには意外にも種類がたくさんのあります。大きく分けると動物性コラーゲンと、海洋性コラーゲンの2つに分かれます。この2つは違う特徴を持っているので、詳しく知ると使い分けることができ、より効果的です。美肌を目指している人にはぜひ知っていて欲しい情報です。

摂取しやすい動物性コラーゲン

価格が安く、手に入れやすい食材から摂取出来る動物性コラーゲンですが、他の栄養素が含まれてしまいやすいものです。特に、脂質やカルシウムなどが含まれやすく、過剰に摂取してしまいがちなのがデメリットです。脂質が多いのはあまり嬉しく無いのではないでしょうか。また、動物性アレルギーの人は、注意しなくてはなりません。

動物性コラーゲンは、吸収するのにたくさんの時間がかかりますし、摂取し過ぎにも気をつけなくてはいけません。

近年人気の海洋性コラーゲン

海洋性コラーゲンは、魚介類の骨、皮、ウロコから摂れるコラーゲンです。動物性コラーゲンと違い、脂肪分が含まれている量は少ないので
、低カロリーという利点があります。

昔は、魚から海洋性コラーゲンを抽出するのは難しく、たくさんの費用がかかったため、なかなか出回らないものでした。しかし、最近では技術が進み、安価で効率的にコラーゲンを抽出すること出来るようになりました。そのため一般に出回るようになり、いろいろと利用されるようになりました。

海洋性コラーゲンは、動物性コラーゲンよりも純粋なコラーゲンが取り出せるので、体に吸収されやすいのです。吸収が良いので、胃腸にも負担が小さいと言われています。しかし、コラーゲンが含まれる部分が少なく、まだまだ価格が高いので、手が出しにくい人もいると思われるコラーゲンです。

動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンにはそれぞれメリット、デメリットがあります。普段からコラーゲンを摂取するには、動物性コラーゲンだけ、海洋性コラーゲンだけ、とならないように、それぞれの長所も生かすことが大切です。栄養素を摂るときは栄養のバランスに気を配り、毎日継続して摂取するといいでしょう。

最近では、コラーゲンボールというものも売られています。これは、コラーゲンをボールのように固めたもので、そのまま鍋やスープなどに入れて食べられます。手軽にコラーゲンが摂取できるので人気の商品です。サプリメントもたくさんの種類が市販されているので、日常的にコラーゲンを摂取しやすくなっていると思います。コラーゲンは、一時的にではなく、継続して日常的に取り続けることが大切です。

まとめ

コラーゲンには、動物性コラーゲンと、海洋性コラーゲンがあります。動物性コラーゲンは、吸収がしづらいのが難点ですが、価格が安く、入手もしやすいです。海洋性コラーゲンは、動物性のものと比べて早く吸収され、脂肪分も少ないのが特徴です。しかし、価格が高くなりがちでしょう。日常的にコラーゲンを摂るには食事だけでは限界があります。コラーゲンサプリなども使って、毎日コラーゲンを取り入れるのがおすすめです。

肌に効果があるコラーゲン

コラーゲンには、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンがあると紹介しました。しかし、もっと細かく、すっぽんコラーゲンや、フカヒレコラーゲンなど、原材料別に分類することも出来ます。ここからは、美肌のためにどのコラーゲンが効果的なのか紹介していきます。

まず、低分子コラーゲン、コラーゲンペプチドについてです。すっぽんを使ったものが代表的で、普通のコラーゲンよりも、酵素などによって小さく加工されたコラーゲンです。より、吸収しやすくなっているので、コラーゲンを効率よく摂れます。

すっぽんはよく、肌にいいと言われる食材です。日本原産のすっぽんは特におすすめで、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなども含まれているので肌にとても効果的です。しかし、高級食材なためなかなか口にすることは出来ませんよね。よほど、金銭的に余裕がないと日常的にすっぽんを食べるのは不可能です。

そこで人気なのが、すっぽんのサプリメントです。すっぽんよりも低コストなだけでなく、すっぽんの独特な味や匂いがしないので、とても飲みやすくなっています。私もすっぽん料理を食べたことがありますが、独特なすっぽんの味にとても驚いたのを覚えています。コストも高いので、美肌のためとはいえ、なかなか頻繁には食べられないと思ったものです。サプリメントなら、特に味もしないので、飲みやすく手軽に毎日続けられておすすめです。

厚労省「コラーゲン」(外部サイト)

常磐薬品「コラーゲンドリンク連用による美容への有効性を実証しました」(外部サイト)