ほうれい線が目立つ原因はコラーゲン不足だった?

ほうれい線を気にしている人も多いと思います。年齢とともにコラーゲンが減ると、肌のハリが失われ、ほうれい線が目立ってしまうのです。今後、ほうれい線が出来るの防止するためにしっかりと対策する必要があります。

コラーゲンが減るとほうれい線が出来やすくなる

肌のハリや潤いを保つためにコラーゲンは大切です。コラーゲンが減少すると、肌からハリが失われたり、肌がたるんでしまいます。コラーゲンは年齢とともに減少するだけでなく、無理なダイエットをした影響や、紫外線の影響でも失われていきます。ほうれい線が出来てしまうとなかなか治らないため、出来る前に予防することや、でき始めたら早めに対処することが大切です。

ほうれい線の対策方法

ほうれい線を予防したり、治すためには、紫外線のダメージを防ぐことが必要です。紫外線は、肌にあるコラーゲンを減少させてしまい、シワなどの原因となってしまいます。冬場や雨の日でも紫外線を浴びてしまいますので、肌のためにはいつでも紫外線対策をするといいでしょう。

極度の食事制限などによって栄養のバランスが崩れると、肌のターンオーバーが滞ってしまいます。そうなると、肌によくないので気をつけましょう。

食事でコラーゲンを摂ろうとすると、なかなかコラーゲンを摂れなかったり、逆に摂り過ぎてしまいがちです。コラーゲンは、摂り過ぎた分は体内に留まらず、排出されてしまうので一時的にたくさん摂っても意味が無いのです。コラーゲンサプリだと、毎日しっかりコラーゲンが摂取出来るのでおすすめです。

まとめ

ほうれい線は紫外線などによって肌のハリが失われることによって出来ます。出来てしまうとなかなか治らないので、予防が大切です。

紫外線のダメージから肌を守り、栄養バランスにも気を付けることが、ほうれい線の予防に効果的です。その上で、毎日コラーゲンサプリを飲み続けると、ほうれい線を予防、改善していけます。ほうれい線のケアは特に、続けることが重要なのです。

厚労省「コラーゲン」(外部サイト)

常磐薬品「コラーゲンドリンク連用による美容への有効性を実証しました」(外部サイト)